交通

クアラルンプール国際空港(KLIA)のアクセス

投稿日:

KLIAにはLCCを含めて多くの航空会社が乗り入れていますので、利用する方も多いでしょう。

KLIAからクアラルンプール市内、または市内からKLIAへ行くアクセスについて、電車とタクシーを利用した場合をご紹介致します。

【タクシーの場合】

KLIAターミナル3階(LEVEL3)が定額制タクシー乗り場となっています。

一般のメータータクシーはターミナル1階(LEVEL1)です。

以前にこのブログにも書きましたが、タクシーは日本と比べて非常に安く乗車できます。

しかし、そこを逆手に「ガソリン代払え」とか「高速代払え」などとボッタくる悪徳タクシーもいるようです。

そこでこちらもブログで書きましたが、配車アプリgrabが便利です。

いくつかタクシーの種類を選べますが、安いのはgrab taxiです。

KL市内まで約100リンギット(約2700円)、1時間ほどで行けます。

家族など数人で乗る場合、1人あたりの金額はさほど負担になる金額になりませんし、乗り換えなどもなく、便利な方法と言えるでしょう。

grabの画像です。

【電車の場合 KLIA ekspres】

KLIAからKLセントラル駅まで直行する電車KLIAエクスプレス(マレーシア語でekspres)に乗って、市内まで行く方法です。

停車駅はKLIA2、KLIA、KLセントラル駅の3つのみです

KLIA2に乗り入れている航空会社はAir Asia、Cebu Pacific Air、Tigerair、Jetstar、Rayani Airの5つです。

その他の航空会社はKLIAとなります。

社内の様子です。トイレもあります。

 

料金は55リンギット(約1500円)ですが、オンラインで買うと10%引き、MasterCard 払いを選択すると20%引きになります(2017年2月26日まで 40,000枚限定)。

有効期限はチケット購入より1ヶ月間です。

チケットはpdf形式の添付ファイルがメールで送られて来るのでそちらを開きます。

ファイル右肩にQRコードが付いていますので、改札機の読取機にQRコードをかざせば改札ゲートが開きます。

スマホの画面をかざしても勿論問題はありませんでしたが、読取の精度が甘いのか私は数回読ませてやっと開きました。

降りる時も同様なので、それまでメールを処分しないようにしましょう。

アプリもあるようですが、私はまだ使ったことはありません。

KLセントラル駅からはタクシー、または別の電車に乗り換えが必要ですが、KL市内は渋滞もあるので、時間通りに市内に着き、安く済ませたい方向きの方法でしょう。

test1

test1

-交通

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マレーシアの交通事情①

マレーシアは左側通行で、車は一般的に右ハンドルなので日本と同じです。 しかしスピードや交通マナー、ルールは若干(かなり?)異なります。 スピードは高速道路で80~110km/hが法定速度ですが、実際に …

Touch’n GO と Smart TAG

マレーシアの電子マネーのような位置づけであるTouch’n GO(タッチアンドゴー)カード。 日本でいうiDやQUICPayのようなポストペイ式ではなく、SuicaやPASMOと同じく交通 …

マレーシアの交通事情③

マレーシアの道路は基本一方通行感覚で走ります。 日本と同じように信号を待って右折する道もありますが、右折をすることが簡単にできない車線もあります。 そのうちの1つがUターン車線です。 右折したい場合は …

マレーシアの交通事情②

マレーシアでは日本ほど信号機がありません。 交差点などではSpeed dumpまたはSpeed breaker(正式名称は?)と言われる小山があり、スピードを落とさないと飛び跳ねてしまう罠のような仕掛 …

マレーシアで使うオススメアプリ② Grab

マレーシアに到着してまず驚いたのが運転の荒さ。 初めてクアラルンプールに来た時、KLIAからホテルまで会社が準備してくれた車で移動したのですが、高速道路かと思うほど一般道で飛ばしますし、車間距離も狭く …