アプリケーション 交通

マレーシアで使うオススメアプリ② Grab

投稿日:2017年1月14日 更新日:

マレーシアに到着してまず驚いたのが運転の荒さ。

初めてクアラルンプールに来た時、KLIAからホテルまで会社が準備してくれた車で移動したのですが、高速道路かと思うほど一般道で飛ばしますし、車間距離も狭く、車線変更なども日本ではありえない間隔で入り込んできます。

またバイクの多さも目立ちます。

そのバイクが死角に入るのは当たり前で、ノーヘル、逆走、スマホ見ながら運転、3人乗り以上(!?)も時々見ます。

自分で運転するのは少々現地での慣れが必要と思います。

慣れるまで、または旅行などではタクシーを使ったら良いと思いますが、騙されたり犯罪に巻き込まれたら…という方におすすめなのがgrabです。

iPhone用Android用、おそらく両方同じ機能だと思います。

いわゆる配車アプリですが、現在地から目的地を指定して、おおよその金額も出るのでボッタくられる心配もありません。

「Book(予約)」にすると、画面上にタクシーの運転手の顔写真と車のナンバーが表示され、地図上のタクシーが現在地に近づいて来て、何分後にタクシーが到着するかも分かります。

もしドライバーがこちらを見つけられずに迷ったら、登録している電話番号に連絡が来ます。 ドライバーにもよりますが、ほぼ英語が通じます。稀にマレー語のみの方もいます。

目的地に着いたら、あらかじめ登録をしているメールアドレスに領収書とドライバーの評価依頼が来ますので☆がいくつかを送信します。

そのドライバーの評価が乗車前にも分かるので安心です。

grabの中にはタクシーの種類を選ぶこともできます。

安い順にいくつか挙げると、grab taxi … 一般的なタクシー、grab car … 日本で言う白タク、grab car(6-seater) … 6シーターの白タク、grab taxi executive … 高級車タクシー(使ったことがないので文字の雰囲気です) などなどです。

料金は日本の1/4~1/5くらいの感覚ですが、しっかり距離で比較した訳ではないので取り敢えずかなり安いと思って下さい。

私はマレーシアでしか使ったことがないのですが、シンガポール、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピン、アメリカの7ヵ国対応のようです。

test1

test1

-アプリケーション, 交通

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Touch’n GO と Smart TAG

マレーシアの電子マネーのような位置づけであるTouch’n GO(タッチアンドゴー)カード。 日本でいうiDやQUICPayのようなポストペイ式ではなく、SuicaやPASMOと同じく交通 …

クアラルンプールまでのアクセス

日本からクアラルンプールまで行く場合飛行機で行く事になりますが、調べたところ直行便は4空港からのみのようです(2016年12月時点)。 所要時間は目安、コードシェア便の名称は省略しています。   その …

oBike(自転車シェアリング)を使ってみました

クアラルンプール市内でここ数ヶ月でよく見かけるようになったオレンジ色の自転車。 これは自転車シェアの「oBike」。 自転車シェアリングは中国で急成長をしている分野で、マレーシアにもその波が来ているよ …

マレーシアで使うオススメアプリ③ WhatsApp

誰かと連絡を取る時、電話やLINE、メールが日本では一般的ですが、マレーシアではWhatsAppが一般的です。 基本的にLINEと同じSNSアプリなのですが、LINEはあまり見かけません。 アイコンも …

マレーシアの交通事情①

マレーシアは左側通行で、車は一般的に右ハンドルなので日本と同じです。 しかしスピードや交通マナー、ルールは若干(かなり?)異なります。 スピードは高速道路で80~110km/hが法定速度ですが、実際に …