KL紹介 観光情報

イスタナ ネガラ(ISTANA NEGARA)

投稿日:2017年6月21日 更新日:

マレーシアには州ごとにスルタン(Sultan)と呼ばれる王様がいて、5年ごとにアゴン(Agong)と呼ばれる国王を輪番制で選出しています。13の州のうち9州にはスルタンがいて、その中から選ばれるそうです。親から子へ引き継ぐ世襲制らしいです。

そのアゴンが住んでいる王宮がイスタナ ネガラです。この王宮が年に一度、ラマダン明けの1日だけ中に入れると聞いたのですが、ネットを調べても日時が分かりません。取り敢えず現地がどんなところなのか、下見に行ってきました。

スポンサーリンク

場所はクアラルンプール中心部からは車で約15分ほどのモントキアラ地区付近です。


ストリートビューにある入口に書いてある文字「DAULAT TUANKU」はマレー語で「国王よ 永遠に」の意味らしいです。

逆から見ると、奥にツインタワーとKLタワーが見えます。

この文字を横切ると左手に駐車場がありました。20~30台駐車可といったところでしょうか。料金は無料です。

到着時刻は19:00前。王宮を正面から写真を撮っていると警備をしている警察官から「正面に立つんじゃねーよ!!」という感じで注意されました。そこにインド系のおじさんがやって来て、「王様がもうすぐご帰宅するので、正面は通り道だから塞いだらダメだよ」と教えてくれました。

このおじさんに「オープンハウスの日時を知っていますか?」と聞くと「何だそれ?俺が警察に聞いてやる」と親切にも聞いてくれました。

おじさん情報によると、2017年のオープンハウスは6月25日(日) AM11:00~です。警察の方から教えてもらったのは、やはりイスラム教の国なので長そで長ズボン着用、サンダル不可だそうです。マレーシアの伝統的な衣装 バティックなら尚良いと言っていました。警察の方々は話すと親切ですが、デカイ銃を持っていてビビります。

そして、おじさんは「王様は何時に帰ってくるんだい?」と警察に聞くと「7:00PM」と教えてくれたので、一目見ようと王様の帰りを待つことにしました。

5分、10分と時間が経ちますが帰ってきません。15分、20分と経ったその時!! 物々しい警備に囲まれた集団が帰ってきました!! そしてその中心は何とイエローのフェラーリ!! 「イエローが王様だ!」とおじさんが教えてくれます。しかも王様自らが運転!!  想像を超えた何ともクールな王様、カッコよすぎです!!

おじさんのおかげで、王様を直接見ることができ、収穫のある下見となりました。マレーシアの人たちは本当に親切。おじさん、ありがとう!!

当日編はこちら

test1

test1

-KL紹介, 観光情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペトロサイエンス(Petorosains)

国営石油会社ペトロナスが運営する科学館「ペトロサイエンス」に行ってきました。 ペトロナスツインタワーの麓にあるショッピングモール、スリアKLCCの4Fにあります。 ショッピングモール内の科学館と聞いて …

KLIA2

今週2月13日(月)、金正男氏(Kim Jong-nam)と思われる人物がクアラルンプールで殺害される事件が発生しました。 金正男氏は、北朝鮮のいわばプリンスであるにも関わらず、後継者争いに敗れ東南ア …

クアラルンプール国際空港(KLIA)でロストバゲージが起きたら

先日東南アジアの空港経由でKLIAに着いたら、荷物がなかなか来ません。回っていたベルトコンベアも止まってしまい、ようやくロストバゲージ(Lost Baggege)と気付きました。このロストバゲージにつ …

クアラルンプール国際空港 到着から入国審査まで

日本からクアラルンプール国際空港に到着した後、どのように進むのか、写真を撮りましたので、初めての海外旅行がマレーシアという方や不安に思っている方がいたら参考にして下さい。到着便によって若干異なるかも知 …

イスラミックアートミュージアム (Islamic Arts Musiam Malaysia)

日本人のほとんどが自身の宗教についてあまり考えたことはないと思います。私もこちらに来てから書類に宗教を書く時にやっと「多分仏教かな?」と意識する程度で普段は全く考えません。しかしマレーシアでは宗教が社 …