アプリケーション 交通

マレーシアで使うオススメアプリ④ waze

投稿日:2017年2月5日 更新日:

マレーシアはタクシーが安いのですが、やはり自家用車があると便利です。

不慣れな土地で、しかも日本とは違う道路の作りをしているのでナビは必須でしょう。

ナビアプリで一番使えるのはwaze(ウェイズ)です。

 

このアプリはイスラエルの企業が開発し、2013年にGoogleに約10億ドルで買収されています。

もちろん無料、AppストアGoogle playからダウンロードでき日本語も使えます。

スポンサーリンク

初期設定完了後、画面左下の虫眼鏡マークから、左上の歯車マークをタップ。

詳細設定の一般から言語設定で日本語を選択。

画面には現在の時速、目的地までの距離、あと何分で到着かが表示。

Google Mapもよいのですが、このアプリはSNS風ナビでユーザーからの投稿を元に刻一刻と変わる道路状況を反映して教えてくれます。

例えば警察の取り締まりや事故車、障害物などですが、驚くのはこれをわざわざ他人の為に投稿してくれる人の優しさ(特にマレーシア人の優しさ)じゃないかと思います。

 

日本でも使用可能ですが、ユーザーが少なくあまり情報がないのでGoogle Mapの方がよいですが、結局どちらもGoogleです。

マレーシアでもカーナビは売っていますが、値段がそこそこ高いのに反応が遅い端末が多く、しかも車上荒らしの標的になりますのでデメリットばかりに思えます。

一方wazeは無料で反応も早く、車から持って降りるので盗難の心配はありません。

ただ、絶対車に置きっぱなしにしないようにしましょう。

 

test1

test1

-アプリケーション, 交通

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クアラルンプール国際空港(KLIA)のアクセス

KLIAにはLCCを含めて多くの航空会社が乗り入れていますので、利用する方も多いでしょう。 KLIAからクアラルンプール市内、または市内からKLIAへ行くアクセスについて、電車とタクシーを利用した場合 …

マレーシアで使うオススメアプリ② Grab

マレーシアに到着してまず驚いたのが運転の荒さ。 初めてクアラルンプールに来た時、KLIAからホテルまで会社が準備してくれた車で移動したのですが、高速道路かと思うほど一般道で飛ばしますし、車間距離も狭く …

Touch’n GO と Smart TAG

マレーシアの電子マネーのような位置づけであるTouch’n GO(タッチアンドゴー)カード。 日本でいうiDやQUICPayのようなポストペイ式ではなく、SuicaやPASMOと同じく交通 …

クアラルンプールまでのアクセス

日本からクアラルンプールまで行く場合飛行機で行く事になりますが、調べたところ直行便は4空港からのみのようです(2016年12月時点)。 所要時間は目安、コードシェア便の名称は省略しています。   その …

マレーシアの交通事情②

マレーシアでは日本ほど信号機がありません。 交差点などではSpeed dumpまたはSpeed breaker(正式名称は?)と言われる小山があり、スピードを落とさないと飛び跳ねてしまう罠のような仕掛 …