文化の違い

汚職問題に直面!?

投稿日:

記念すべき50回目の記事投稿となります。

この記念すべき投稿は残念ながらマレーシアが抱える闇の部分に触れてしまった体験談となります。

スポンサーリンク

ある土曜日の夜、夕食を友人と共に食べ、帰る時の話です。

私は基本的に酒をあまり飲みません。

この日も私は酒を飲んでいないので自分の車で帰ろうとし、友人は酒を飲んでいたのでタクシーで帰ろうとしていました。

日本に比べたらタクシー料金は格安なのですが、勿体ないしそんなに遠くないこともあり
私が友人宅まで送って行くことしました。

しばらく走ると飲酒検問をやっていて、後ろめたい事もないので素直に応じました。

ただ、噂ではニセ警官もいるそうなので、少々疑っていた事も事実です。

英語でのやり取り
警察 「どこ出身だ?」
マレポ 「日本です」
警察 「飲んでるだろ?」←いきなりこの質問。
マレポ 「飲んでません」
警察 「少し飲んでるだろ?」←しつこい
マレポ 「飲んでません」
警察 「パスポート見せろ」
マレポ 「はい」
警察 「運転免許証も見せろ」
マレポ 「はい」
警察 「少し飲んでるだろ?」←本当にしつこい
マレポ 「絶対飲んでません」
警察 「アルコールチェックしてもいいのか?」
マレポ 「どうぞ」

アルコールチェッカーに息を吹きかける

警察 「アルコール出たぞ!!」
マレポ (そんなわけないでしょ)「見せて下さい」
警察 「これ見てみろ!!」

000mg / 100mg

警察 「100mg出たぞ!!」
マレポ 「イヤイヤ、ゼロでしょこれ」
警察 「ムムッ。」

警察 (マレー語にチェンジ) 「XXXXXXXXXXXXXXXX」
マレポ (ゲッ、何を言っているのか分からない…)
友人 (マレー語で)「彼は本当に飲んでないよ」
警察 (ゲッ、こいつマレー語分かるのか…) 「よし、行っていいぞ!!」

パスポートと免許証を受け取ってその場を去りました。

マレーシアでは飲酒運転が非常にユルく、もし検問で引っかかってもお金を渡すと見逃してもらえると聞いた事があります。

警察も小遣い稼ぎなんだとか。(絶対やってはいけません!!)

しかし真面目な警察も中にはいて、お金を渡そうとすると逆に贈収賄容疑で逮捕されるようです。そうすると飲酒運転に罪を上乗せされてしまいます。

もしかしたらこの警察も小遣い稼ぎだったかも知れません。

日本人=カモ(金払いがいい、英語、またはマレー語が分からない)と言う存在かも知れません。

私はこの国が大好きです。しかし未完成の部分もたくさんあり、その一部に触れた機会だったかもしれません。

この話を犯罪に詳しそう(?)なマレーシア人の知り合いに話して、次に同じ事が起きたらどうすればいいか聞いたところ、「日本大使館に電話するか、電話をする振りでもいいんじゃないか」とアドバイスをもらいました。

ちなみに大使館の夜間連絡先はこちらです。日本大使館は英語でEmbassy of Japanです。

飲酒運転は犯罪というのは日本もマレーシアも同じですので、酒を飲んだら絶対に運転をしてはいけません。あと、私たちはマレーシアでは外国人なのでパスポートは常に携帯を忘れずに。

test1

test1

-文化の違い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マレーシアの子供たちは深夜に遊ぶ?

金正男氏の件でマレーシア紙が注目されていますが、別の件でStar紙を読む機会がありビックリした記事がありましたので紹介します。 スポンサーリンク Six teen cyclists to underg …

サービス

日常生活で当たり前のように受けているサービス。 そのサービスは無料ではなく当然有料なのですが、日本で生活していると無料で、しかも受けて当然のように感じてしまいます。 例えばお店のトイレ。 外出先でトイ …

突然の祝日

クアラルンプールでは2017年8月19日~8月30日までSEA GAMESと言うイベントが開催されていました。 スポンサーリンク SEA GAMESはSouth East Asia Games(東南ア …

マレーシアの交通事情③

マレーシアの道路は基本一方通行感覚で走ります。 日本と同じように信号を待って右折する道もありますが、右折をすることが簡単にできない車線もあります。 そのうちの1つがUターン車線です。 右折したい場合は …

トイレ問題

現地に住むに当たって、いくつかある心配事の1つがトイレ問題。 まずトイレットペーパーがなく、代わりにホースが付いています。 ホースで直接+左手(不浄の手)を使うそうですが、なかなかハードルが高いです。 …