交通 生活情報

Touch’n GO と Smart TAG

投稿日:

マレーシアの電子マネーのような位置づけであるTouch’n GO(タッチアンドゴー)カード。

日本でいうiDやQUICPayのようなポストペイ式ではなく、SuicaやPASMOと同じく交通系の電子マネーで、プリペイド式なので事前にチャージが必要です。

チャージはコンビニやお店やガソリンスタンド、ATMなどでもできます。

チャージする場所によっては手数料を取られたりします(0.5~1.0RM程度)。もちろん無料のところもあります。こちらは手数料無料の場所一覧です。

 

私は主に高速料金の支払いに使っています。

その他、駐車場料金やコンビニの支払いなどにも使えます。

オフィシャルサイトでカードナンバーなどを登録すると、使用履歴が見れます。

スポンサーリンク

 

高速道路の料金所では左側から面倒くさい順になっています。

一番左側は現金払い。 高速入口でチケットを取り、出口でチケットを係員に渡して、その料金を現金で支払います。手間がかかるので行列が一番長くなります。

左から2番目は赤信号なので利用不可となります。誤って進入しないようにして下さい。

真ん中の青い看板がTouch’n GOです。 ゲートまで行くとカードリーダーがあり、カードをかざすとゲートが開きます。すると表示板に支払った料金と残金が表示されます。 あまり手間はかかりません。

そして一番右側の黄色い看板がSmart TAG(スマートタグ)。 ETCのマレーシア版で、いちいち止まる必要はありません。 よって一番早くゲートを抜けることができます。ただし、あまりスピードを出して進入すると、通信機が読み取らずゲートが開きません。その場合は後ろの車に心の中で謝りながら再度通信できる位置までバックするしかありません。

当然このSmart TAGがほしくなり探したのですが、探してもなかなか見つかりません。

ショッピングモールを探してもなく、店員さんから「ペトロナス(ガソリンスタンド)に行けばある」と教えてもらい、ペトロナスに行くと「売切れ」と言われ、高速道路の管理事務所に行けばあると聞きつけて行くとやはり「売切れ」…。そんなに人気商品なの?と思っていたら係員さんが「Touch’n GO Hubに行けばあるよ」と住所と連絡先がかかれた紙を渡してくれました。営業時間は公式サイトをご確認下さい。

紙に書いているNU Sentral Shopping Centreに買いに行きまして、遂に手に入れました!

NU Sentral Shopping Centreについてはまた改めて書きます。

 

ちなみにマレーシアの高速道路は、タイからシンガポールまで走っています。

画像クリックでpdfが開きます。

KL市内の運転や市外でも下道はなかなかの危険度ですが、高速道路は比較的走りやすいのではないかと感じます(比較的ですね…)。

KL市内はビルの建築ラッシュですが、高速道路も新たに建設している風景をよく目にします。建設方法などの動画がありましたので参考に見て下さい。


Smart Tagですが、手のひらに収まる大きさと考えて頂いたらよいでしょう。

Masukkan Kadは「カード挿入」の意味です。こちらの面にTouch’nGOカードを入れます。

黄色のSmart TAGシールがある面を通信機側(外側)に向けます。画像左の出っ張り部に電池が入っています。

側面のオレンジ色のボタンを押すとカードの残高が表示されます。画像ではRM224.49(約\5600)残高があります。

残高に続いてバッテリー残量が表示されます。 「B HI」なのでバッテリー残量ハイです。

 

このSmartTAGを手に入れたのですが、「駐車中に車の外から見える位置に設置すると車上荒らしの標的になる」と教えて頂きました。私は通常、車内の見えない位置に置いておき、高速道路入口と出口が近くなるとその都度出しています。比較的治安のよいマレーシアですが気を抜いてはいけません。自己防衛を怠らないようにしましょう。

test1

test1

-交通, 生活情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マレーシアの交通事情②

マレーシアでは日本ほど信号機がありません。 交差点などではSpeed dumpまたはSpeed breaker(正式名称は?)と言われる小山があり、スピードを落とさないと飛び跳ねてしまう罠のような仕掛 …

NU Sentralでスマートタグを購入

Smart TAGを求めてNU sentralへ向かいました。KL Sentral Station(KLセントラル駅)横のショッピングモールで、読んで字のごとく、クアラルンプール(KL)の中心にある駅 …

プリペイドsimをMNP

マレーシアに来た時に最大手のMaxis(マキシス)が展開するHOTLINK(ホットリンク)のプリペイドsimを購入しました。 しかし、私の職場ではなかなか入りづらかったのですが、今更番号を変更するとい …

クアラルンプールまでのアクセス

日本からクアラルンプールまで行く場合飛行機で行く事になりますが、調べたところ直行便は4空港からのみのようです(2016年12月時点)。 所要時間は目安、コードシェア便の名称は省略しています。   その …

BMWの値段 in Malaysia

先日、ミッドバレーメガモール(Midvalley Megamall)に行くとBMWの展示会が行われていました。日本では高級車ですが、こちらでは頻繁に見ますので「もしかしたら安いのかな?」と変な期待をし …