生活情報 赴任前準備

マレーシアで日本の携帯電話を使う方法 (Smart King X)

投稿日:2017年9月4日 更新日:

日本で使っているスマホを、そのままマレーシア(海外)でも使えるようにする方法を紹介します。

海外ローミングやレンタルルーターなどの方法もありますが予算的に余裕がないので、できるだけ安い方法を選びました。

日本でdocomo、au、softbankなどの大手携帯会社から購入したスマホはSIMロックがかかっていて、その携帯会社のSIMカードしか使う事はできません。

公式なやり方は、携帯ショップにスマホを持って行き、SIMロックを解除してもらう方法です。料金は\3,000です。

購入後すぐのスマホや、2015年5月以前に発売されたスマホはこのSIMロックを解除する事ができません。

ご自身のスマホがSIMロック解除が可能かどうかは直接携帯会社へお問い合わせ下さい。

私は妻が日本からやってくる際に、妻のiPhone 5Sをマレーシアでそのまま使いたかったのですが、5SはSIMロック解除の対象外。

そこでSIMロック解除アダプター(通称:下駄)を購入することにしました。

安いアダプターもあったのですが、Amazonのレビューで評判のよかったSmart King X(\2,680)を選択。

 

ちなみにiPhone 5SのiOSのバージョンは10.3.2で、海外SIMはプリペイドです。

こちらが届いたSmart King X。

 

中身は左からアダプター本体、Nano SIMをMicro SIMにするアダプター、SIMカード抜きの3つです。今回使ったのは両端の2つのみです。

 

まず日本のSIMカードを抜いて、SIMカードトレイにアダプターをセットします。

アダプター下部のベロをトレイ下に噛ますようにセットします。

セット完了後です。

その上に海外SIMカードをセットします。

そのままスマホへセットすると、セットアップ画面になります。

ご自身のApple ID、パスワードを入力すると、自動で現地の電波につながります。

プリペイドなので、支払った以上の費用を請求される心配はありません。

当然ですが、電話番号は現地の番号に変更となります。

日本で使用していたLINEなどのアプリは、特に設定を変更することなくそのまま使えました。

日本で格安SIMを使用している場合、プロファイルがインストールされていれば削除が必要です。

【注意事項】
非公式な方法ですので、自己責任で行って下さい。

SIMカードはその国の携帯会社でご契約が必要です。

また、スマホの対応周波数によっては、その国の電波に非対応の場合がありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

test1

test1

-生活情報, 赴任前準備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンセント

外国へ行くと今まで当たり前だった事が当たり前ではなくなる事があります。 その1つがコンセントの形です。 英語で言うとsocket、またはoutletで、コンセントは和製英語です。 マレーシアはBF型と …

渡航準備③ 日本から引越し荷物の発送

海外への赴任や移住をする際に何を持って行くか、持って行けるのかはその国によって異なります。 一般的に持って行けないものは、麻薬や覚せい剤などの所謂ドラッグ、毒物、生鮮食料品、銃や刀、爆発物などの危険物 …

Touch’n GO と Smart TAG

マレーシアの電子マネーのような位置づけであるTouch’n GO(タッチアンドゴー)カード。 日本でいうiDやQUICPayのようなポストペイ式ではなく、SuicaやPASMOと同じく交通 …

プリペイドsimをMNP

マレーシアに来た時に最大手のMaxis(マキシス)が展開するHOTLINK(ホットリンク)のプリペイドsimを購入しました。 しかし、私の職場ではなかなか入りづらかったのですが、今更番号を変更するとい …

渡航準備② Slingbox スリングボックス

海外出張が多い方や海外赴任される方が日本のテレビを見るには、NHKワールドなど限られた番組や現地のケーブルテレビと契約して数日遅れの番組を見ることになります。 日本のテレビをリアルタイムに安く見たい! …